« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の5件の投稿

2011年2月28日 (月)

パレット 8期 参加

就活の学生を支援するパレットという
集まりを、
昔の取引先の後輩が主催しているので、毎年 呼んで貰い交流させて頂いています。

昨日も、午後から参加。
沢山の大学3年の学生 及びOBの
方と交流しました。

いつも、そうなんですが 僕自身がパワーを貰っています。

ここ数年 就活の環境は激変し、いまも昔も学生気質というのも年毎に変わっているようですが、
(僕はいつも短い参加なんで分からない部分も多いのですが)
僕らバブル世代の学生と比べると、凄く 自己分析が出来ているなあと感心します。目指す方向性も。

パレットの皆さんの指導があればこそなんでしょうけど。

但し、僕らの時代の学生は、根拠のない自信と元気はあったような気がします。

そんなところが、必要かどうかは、分かりませんが、
今の学生の皆さんには、ポイントなのかなあと思ったりしました。

パレットでは、沢山の出会いを貰っています。

主催者の中村太郎さんに深謝。
完徹3日間は、身体に悪いのでほどほどに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

2007年に、成都で抱っこしたパンダは 上野に来たパンダ?!

2007年に、成都で抱っこしたパンダは 上野に来たパンダ?!
上野に来た、比力と仙女は5歳。

ちょうど、1歳のパンダだと言っていた。
当時 人民の方は、約6500円
日本人は、その券を3枚買わされ
約2万円

高かく、不平等だったけど 中々無かった経験だったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

情報の平等と独裁崩壊

どの国でも、教育という前提は平等に与えられるべきと思いが、NPO活動のポイントなんだけど。

情報が平等に与えられるというのも、次のファクターかなと、カダフィ大佐などの、
独裁政権崩壊の序曲を見ていると、凄く思う。
ソーシャルメディアは、ある意味凄いとも。

今後は、日本のような、非常に分かりずらい情報コントロールが厄介になってくるのかなあと。

色々な人の話を聞いていると、国だけじゃなく、
会社 それよりも小さい部署などでも、
情報の平等化により、独裁というのが
崩壊に向かいつつあるようだ。

その後が非常に重要で、どういう志を持った人達がそれを引き継いでいくのか、
朱に交われば赤くなる的な感じの人達は、非常に厳しくなるのかなと。

真の意味の和をもって物事を成し遂げる時代になってきた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

文字を書く 本を読む

今年は、本当にスマートフォンを持つ人があっという間に増えるんだろう。

僕も、iPhoneを持ってからしばらく経つが、あまりの便利さ、特に情報収集に手放せない日が続いている。
フリック入力もだいぶ早くなった。

Twitter Facebookのソーシャルを利用し出すと、スマートフォン依存度が加速する。

英語の勉強や、体調管理まで頼ったり。

誰もがケータイを持つようになった12年ぐらい前、僕はそんなもの持つようになったら、自由時間が無くなると、しばらくは、持つのを拒否していた。

コンビニに店長をやっていて、休みなく、24時拘束されていた生活を送っていたのも影響したんだろう。
その頃から、海外行き出したのもその拘束から逃れたかったのかもしれない。

ケータイ拒否していた人も、本当に一部の人を除いては、今は ほとんどの人が所有している。
逆に、手放せなくなってしまった僕みたいな人も多いんだろう。

現在のスマートフォンへの機種変は、まさにケータイが出たした時の感覚に凄く似ている。

絶対的に、凄く便利さが増すからだ。

そして、心地よい人とのみの繋がり 自分が本当に欲しい情報に簡単にアクセス。
なおかつ、ケータイよりコストパフォーマンスが良い。

でも、何であれ ケータイを拒否ってた時の思考の方が正しかったのかなとも近頃思う。

だけど、易きに流れるタイプなので、スマートフォンを使用しなくなる事は、あり得ない。

ノートに、文字を手書きする。

本を読む

時間管理を明確して、感覚的なんだけど、上記2つを増やしていこうと思っている。
何の根拠もないんだけど。

上手くスマートフォンと、付き合っていく、そんな事を模索する しばらくになりそうだ。

ボーっとする時間もほとんど無くなった、隙間時間は、どこでもスマートフォン。

ボーっとする時間って大事?!なのか?
瞑想 座禅なんかが流行ったりして。

天気の良い 冬の日吉にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

大相撲初 全ガチンコ興行 実現へ。

場所がもし開催されたら、
今度こそ 全ての取り組みがガチンコに
なるんだろう。

凄く興味深い。

有名力士は、どれからいの勝敗になるんだろうか?
特に外国人力士?・・・

横綱 大関が、今の制度の中で成り立つんだろうか?

千秋楽 7勝7敗の75%の勝率は、どれくらいになるんだろうか?

そもそも千秋楽7勝7敗の力士は減る?

ケガ人は、どれくらい出るだろうか?

ガチンコか?興行か?の岐路に経つ。

ブックメーカーの統計では、日本の競馬も不自然な点が多いらしい。
公営ギャンブルで、ガチンコでないレースが公になったら、どんな対応になるんだろうか?

サッカーや野球のWBCやオリンピック
ガチンコスポーツが圧倒的な 人気の
今の日本。
興行として、割り切っては 今の規模での継続は、無理なんだろう。

ここは、1回 ガチンコ興行を実現し、
今後のあり方を見直すしかないだろう。

昔は、良く 大相撲の八百長問題の発言をすると、年長者の方 中心に怒られたものだが、時代は変わったなと。

皇族の方も 当然カラクリは、知らなかったんだろうなあ。

でも、NHK はじめとする関係者の間では、随分前から確証こそないものの 暗黙の了解だったのだろう。

90日間も、ガチンコとして 知りながら ニュース含め報道されてたって事は、
様々な大手マスコミの、報道調整の考え方の極みかもしれない。

プロレスのカラクリを知りつつ、基本ガチンコ的に実況していた
古館伊知郎さんに、その辺りの心情を聞くのが、一番適切なのかもしれない。
早寝なんで、報道ステーション見れないんだけど、どんなコメントしてるんだろう?

少しひねくれてるけど、とにかく史上初と思われる近代 大相撲ガチンコ興行見てみたいなあ。迫力あるだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »