« 箱根駅伝往路 | トップページ | ドンキボーテでお買い物 小商圏小売について考える »

2014年1月10日 (金)

慶應義塾大学商学部牛島ゼミでワークショップ

慶應義塾大学商学部牛島ゼミでワークショップ
流通ライターの藤野香織さんと組んで、3回目、一人を含めると5回目の
ワークショップとなりました。

継続は力なり。

牛島教授にお声かけ頂き、ありがたい機会を与えて頂いたています。

今回のテーマは、

「コンビニ雑誌売場の有効活用」

ここ10年で売上構成比が、7%から
2・3%までさがり、
売場のスカスカ感が如実になっている雑誌売場を新しいサービスなどで
有効活用出来ないかというワークになりました。

コンビニ自体もここ数年結論が出ていない課題ですぐにアイディアはと思っていたのですが・・・
現実に落とし込むには、課題もありつつも面白い発想が9チームから
たくさん出ました。

若い人の発想は尊いなと痛感しつつ、ゼロベースで考える大切さを
逆に学んだ感じてす。

楽しさのあまり、来年は何しようと
藤野さんと考えながら、帰路につきました。
今から既に来年が楽しみです。

|

« 箱根駅伝往路 | トップページ | ドンキボーテでお買い物 小商圏小売について考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶應義塾大学商学部牛島ゼミでワークショップ:

« 箱根駅伝往路 | トップページ | ドンキボーテでお買い物 小商圏小売について考える »