« かなり遅ればせながらもちぼにょ | トップページ | コンビニはこれからどう変わる? »

2014年3月28日 (金)

第71代 横綱 鶴竜 奉納土俵入り 明治神宮

鶴竜の横綱昇進から5日後の金曜日明治神宮で、奉納土俵入りが行われました。

奉納土俵入りは、観たことが無かったのでせっかくの機会と足を運んでみました。

前日の木曜日の発表 金曜日という平日にも関わらず、僕のザックリ目算で、3000〜5000人の間ぐらいの人が集まっていました。
流石にそんな状況もあり大多数はお年寄りの人で7割方はおじいちゃんです。参拝の途中にたまたまというよりは、ほとんどの人が奉納土俵入りを目的で来ているようでした。
警備員の方に聞くと15時〜スタートですが、一番前で観たい相撲マニアの人は午前中から場所取りをしているようです。

僕と年長の次男は、14時45分に着いたのですが、写真のようなポジションで観ることが出来ました。
流れとしては、15時に北の湖理事長親方衆と神主さんが袴姿の横綱が客殿 から出てきます。
15時半までは、遠くて良く見えなかったのですが、本殿で祈祷や綱の引き渡しなどが行なわれていたようです。
始まりと終わりにドラのような音が鳴っていました。
15時半に袴姿の横綱が神主さんと一緒に客殿に退場になります。そして、15時45分 綱を巻いた回し姿の横綱の鶴竜が太刀持ちなどを引き連れお出ましになり、土俵入りを行ないます。
土俵入りは、本殿前の十時の10m前でなされます。
土俵入り自体は、あっさりと終わりますが、観ていた人は口々に感動していました。

僕は、相撲八百長反対派でしたが、
この祭り事を見させていただくと、
横綱という権威は必要で阿吽の呼吸による対応は必要なのかなあと感じました。
やはりスポーツでも格闘技でもないわけですから。

良いものを観ました。


|

« かなり遅ればせながらもちぼにょ | トップページ | コンビニはこれからどう変わる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第71代 横綱 鶴竜 奉納土俵入り 明治神宮:

« かなり遅ればせながらもちぼにょ | トップページ | コンビニはこれからどう変わる? »