« 慶應義塾大学商学部牛島ゼミでワークショップ | トップページ | 次男が卒園 »

2014年3月 1日 (土)

ドンキボーテでお買い物 小商圏小売について考える

ドンキボーテでお買い物 小商圏小売について考える
ガーナチョコ 66円 (税抜)
マミー1L 71円 (税抜)

多分店の利益なし商品を2点買い。
税込で、144円。
ドンキは、1円玉をレジで4円まで
貰えるので、活用して140円でお支払い。

家からは、ドンキまでは、歩いて5分。
セブンイレブンまでは、歩いて2分。

ガーナチョコは、セブンイレブンでは、100円(税抜)
ドンキの価格は、なんと3分の2。

シニアが増え、シニアは、700m以上は歩きたくない人がほとんどなんて
データもあり、
コンビニ、小型スーパーマーケットなど小商圏での小売が時代の趨勢になると言われています。

この価格差で、人は少し遠くまで買い物に行くのかってことが、ポイントかもしれないなあと。

小売の選択肢のないところでは、
小商圏小売が趨勢だと思う。

小売の少ない地方では、どんな選択肢が出来るのか?
それが、小型スーパーマーケットの未来なのか?

NB商品の今のような価格のバラツキの是正やNB商品の役割も変化するかもしれないし。

超高齢化、人口減少と世界でも類をみない日本の消費環境。
世界に先立ちいろんな進化が見られそうです。

|

« 慶應義塾大学商学部牛島ゼミでワークショップ | トップページ | 次男が卒園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドンキボーテでお買い物 小商圏小売について考える:

« 慶應義塾大学商学部牛島ゼミでワークショップ | トップページ | 次男が卒園 »