« マクドナルドを救うのは妖怪ウオッチ(一瞬) | トップページ | ゆるキャラじゃないサンリオキャラクターの懐の深さ »

2014年9月10日 (水)

妖怪ウオッチ マックを救う(多分 一瞬)

日曜日に小1にせがまれ久しぶりに
マックへ。
目的は、妖怪ウオッチのカードだ昼のマックは、肉の食材賞味期限切れ擬装依頼では最も僕がマックの店頭を覗く限りは混んでいた気がする。

7月は、マックはじまって以来の業績不振で四分の一の売上が喪失らしい。
三つ子の魂百まで戦略の子供をキーにしたファミリーの取り込みのハッピーセットの売上下落は想像を絶し基本、キャラクターを展開していた
会社も少し躊躇する状況なんだろう。
擬装は、今までのミミズ肉伝説とは違い リアルなこととリアルの映像は
人の心に深く突き刺さってしまい、中々払拭には時間かかると思われる。

コンビニコーヒーの2年目の伸長も独り客減少に拍車をかけWパンチとなったんだろう。

冷凍食品系全般の不信感、そして食べ飽きちゃった感があって、2つの出来事が後押しし、ロイヤルユーザーの来店頻度のダウンもあった気がする。

とりあえず、9月は妖怪ウオッチさまさまで業績改善を一時的にすると考えられるが、対処療法でしかないと思う。
妖怪ウオッチも久しぶりのヒットなのに、今の状況のマックというのは少しブランディング的に?な気も。
(もうその域を超えてるかもですが・・・)

マックの社長だったらどうする?っていう空想の世界に入ってみます。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140909/k10014466031000.html



|

« マクドナルドを救うのは妖怪ウオッチ(一瞬) | トップページ | ゆるキャラじゃないサンリオキャラクターの懐の深さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪ウオッチ マックを救う(多分 一瞬):

« マクドナルドを救うのは妖怪ウオッチ(一瞬) | トップページ | ゆるキャラじゃないサンリオキャラクターの懐の深さ »